さよならイタリア!!

イタリア(ローマ)〜成田へ

長いようであっという間のイタリア旅行が終わり、今日の朝にローマを
発ってミュンヘン経由で成田に帰ります。





まずは、昨日 ベッドメイク&部屋の掃除をしてくれた方へのお礼 ^^v
チップは3人分で€1.5。。。


ホテルに迎えに来たバスで空港へ向かいます。


以前は「レオナルドダヴィンチ空港」って名前だったと思うんですが、
露光日程ガイドをみると、いつの間にか空港の名前が変わってました。。


フィウミチーノ空港?


いやいや、別に空港名が変った訳じゃなく、色々な言い方があるようです。
ローマ空港でもOK!


ともかく、ルフトハンザ航空にてまずはミュンヘンへ向かいます。
飛行機の窓の下にはイタリアの街が・・・。






しばらくすると、数日前にいた「ベネツィア」も眼下に見えてきました。



今日くらい「天気が良かったらな〜」とか、「ヴェネツィア・カーニバル」
真っ只中なんだろか? 

なんて思いながら、名残惜しいイタリアの街の景色はどんどん遠ざかって
いきます。



ふと気が付くと、窓の外にはアルプスの山々 ^^v

こんな景色が、長い時間続きます。(日本アルプスとはスケールが違う。。)



機内で出たサンドウィッチ。
意外にオイシイ ^^v



そんなこんなで、ミュンヘン空港に到着!

ここで乗り継ぎまで1時間半くらい時間がありましたので、余ったユーロを
使ってしまおうかと、細かなお土産等を購入。

(ほとんど成田までの機内で食べてしまいましたが・・)



結局75000円くらい両替していったユーロは、小銭を少し残して使い切って
きました。


ブランド品を買う目的でなければ、このくらいでちょうど良いのではないか
と思いますので、8日間くらいでイタリアへ行こうと思っている方は参考に
してみて下さい。


ちなみに、ミュンヘン空港。

行き(入国側)ではコーヒーなどの飲み物が無料で飲み放題だったのですが、
出国側ではこのサービスは「なし」でした。。


期待しないように。。^^;


そして、来た時と同じようにルフトハンザ航空で成田まで12時間くらいの
フライトです。帰りの飛行機の中は映画&本を読みながら過ごし、疲れも
あったのか、ウトウトしたり。。 行きの半分くらいの時間に感じました。


成田空港


成田に戻ると、今回一緒にツアーに参加された皆さんとツアーガイドさんと
お別れして、レンタルしていたwi-fiを返却し、駐車場に迎えを頼みます。


あっという間の8日間でしたが、前回とは違ったイタリアに触れて最高に
楽しい思い出となりました。


さてさて、次はいつ行こうか? ^^




JUGEMテーマ:イタリア旅行

 パンテオンからホテルへ!

イタリア旅行最終日

自由行動の長〜い1日も終わりを迎えようとしています。


パンテオンでアテンドさんとお別れした後は自分たちだけで
ホテルに帰ります。


ホテルへ戻るには「バスを使うか」、「タクシーで帰るか」、
もしくは地下鉄とバスを乗り継いでということになります。


地下鉄&バスという手もありましたが、時間が最低でも40分
くらいかかりそうなこともあってバスで帰ることにしました。


パンテオンからホテルに向かうバスが出ている停留所(パオリ
広場)までの道のりをアテンドさんに聞いて、バス乗り場に
向かいます。


パオリ広場までは、道を真っすぐ進めば良かったので、難なく
クリア 

(なんてウソです 徒歩で10分以上あったので、途中かなり
 不安になりました。。^^; ) 


(バス乗り場)

バス乗り場で時刻表を見ると、発車までまだ30分くらい時間がある。

じゃあ、近くのバールでのんびりお茶でもしながら待とうか。
ということにしました。

(本当はトイレに行きたかっただけ ^^)


テヴェレ川が見える席を陣取り、カプチーノをオーダーします。
カプチーノ ← イタリアで何回目だろうか?





イタリアで飲んだエスプレッソやカプチーノは、どこで飲んでも
すごくオイシイ!!


ハズレは一度もありませんでした。


あ、ちなみにここで借りたトイレは、日本では絶対にありえない
便座なし」トイレでした ^^;


先程トラステヴェレからナボーナ広場に帰ってきた際に買ったチケ
ット(BIT(€1.5)75分有効)の時間は過ぎてしまっていたの
で、新たにBITを購入してバスに乗ります。







今日使ったチケット代は、BIT×3で「€4.5」。

1日券のBIGは€6.0なので、BIT×3で正解でしたね ^^v


乗車時にチケットを機械に通します「ガチャ」



裏に日付&時刻の刻印が押されます。 これがないと
オマワリさんに捕まりますので、必ずやりましょう!

              

バスに揺られること30分前後。

降りるバス停を間違えないよう、アナウンスに気を配ります。
路線バスの降り方も日本と同じ。次の停留所で降りたい時に
車内備え付けのボタンを押すだけ。

といっても、イタリア語ってわからな過ぎ・・。

こうなったら、バスの外の景色で判断するっきゃない!!

右手に見えるのが今回ローマで泊まったホテル。 
すぐ目の前にバス停がありますが、実際はすでに暗くなっていたので
あやうく通り過ぎてしまうところでした。。

ここで降車ボタンを押して、なんとかギリギリ運転手さんに停めて
もらい、無事にホテルに到着です ^^;



ローマを丸1日 さんざん歩き回って、全員かなりのお疲れモード。。


ようやくホテルに帰ってきて、ホッと一息です。。


んで、ホテルの部屋に戻ると、テーブルの上に1枚の紙が・・・



部屋を掃除してくれた方からのメッセージ
チップのお礼でしょう ^^


ローマでの自由行動。
1日中ローマを歩きまわったので、結構ヘトヘトになりました。


夕食は外で食べようと思ってたのですが、これから外に出るのも
億劫になったので、近くのスーパーで買い出して、ホテルの部屋
で夕食をとることにしました。


じゃんけんで負けたボクが、一人歩きで近くのスーパーへ。。
サラダと飲み物、そしてスーパーの横にあったテイクアウトのピザ
屋さんでピザを購入。



ピザは「切り売り」。 
「これとこれ、ちょうだい」と指を指して頼みます。

で、またもや ここでも上手く言葉が通じず。。 

もう面倒くさいので、3人分としては若干(だいぶ)多めでしたが、
それでOK〜!! と、箱に詰めてもらいました   ^^;

シャワーを浴びて、ピザを食べると、あっというまに睡魔が・・・



ということで、楽しかったイタリア旅行。
残念ですが今日でおしまい。

明日はローマの空港からミュンヘン経由で成田へ帰ります。



JUGEMテーマ:イタリア旅行

 パンテオン ローマ自由行動

パンテオン

パンテオン

紀元前25年に建てられたパンテオン。

アテンドさんが、ぜひ見ていったほうがイイ! というので、
連れて行ってもらいました ^^


ナボーナ広場からパンテオンは歩いて5・6分で着きます。
(確かそのくらいだったような・・。)


んで、途中にはこんな景色が。。



このあたりは、地面をちょっと掘ると遺跡があちらこちらで
出てきちゃうそうです。


イタリアでは遺跡が見つかると、ちゃんと調査しなければなら
ない決まりです。


そんでもって、遺跡の調査にはものすご〜く時間がかかる。。


なので、うかつに工事ができない ^^ (らしいです)


本当はね〜。 地下鉄ももっと通したいそうですが、なにせ
遺跡が出てきちゃうもんだから「あえて やらない」というのが
ローマの本音らしいです。。


スゴイ場所ですね〜 ^^;


なんて説明を受けているうちにパンテオンに到着!



パンテオン


外からみると、デッカイ!(これは結構見慣れてきた^^)
そして、外壁は薄汚れていて、歴史を感じます。


パンテオン。
最初(紀元前25年)に建てられたものは火事で焼失してしまい、
現在のものは2代目とのこと。


それでも現在のパンテオンは118年に作られたので、1900年近く
も前に建てられた古い建造物です。


パンテオンは直径43.2m の円堂と、その上に半球形のドームが
載った形。 直径、高さともに43.2m。

「43mの球体がスッポリと収まる大きさ」と言われても、
想像しにくいけど・・ ^^;


ともかく、実際に円堂の中に入ると、直径43.2mもあるので、
すご〜く広いです。


そして、天井のドームを見上げると、ガイドブックに載っている
写真とおんなじ円形の窓がポッカリと開いている。


パンテオン

この、天窓。 直径9m

ここから差す陽の光が床を照らし、ドーム内を幻想的な空間に
しています。


2000年も昔に、たった10年でこのような建物をどうやって
作ったのかは現在でも謎らしいのですが、面白い言い伝えが
残っています。


「円堂を造った後、その中に土を入れていき、盛った土の
 上にドームの天井組む。その後で中の土を天井の窓から
 掘りだす。。 土の中にはあらかじめ金が埋め込まれて
 いて、掘り出した金をエサに町の住民に土を掘り出させた」


本当かどうかわかりませんが、面白い話ですね〜。
ともかく、これを造るのは現在でも至難の業だそうです。


パンテオン。とても不思議な空間で、ローマに来た際にはぜひ
もう一度来てみたい場所の1つですne。


さてさて。 イタリア旅行 最終日の自由行動はこれでおしまい。
ここで1日お付き合いいただいたアーモイタリアのアテンドさん
ともお別れです。


朝のドタバタからはじまって、猛スピードでローマの街を疾走
するタクシードライバーさん、カンポディフィオーリの朝市で
買い物、初めて食べたこの時期ならではのローマ料理、トラステ
ヴェレの散策・・・


飛びきりのイタリア旅行を楽しむことができました ^^v


ここから、自分達だけでバスに乗ってホテルに向かいます。
大丈夫だろーか??


JUGEMテーマ:イタリア旅行

 トラステヴェレ地区を歩く ◆.蹇璽渕由行動

トラステヴェレ

ローマでの自由行動。

午前中はカンポ・デ・フィオーリの朝市、ナヴォーナ広場等
旧市街を見て、その後トラム(路面電車)でトラステヴェレ
へ移動。


今回のイタリア旅行の中で、一番美味しかったローマのランチ
を堪能した後にトラステヴェレの街並と路地を散策しています。


トラステヴェレの街では、ローマで1番古い教会を訪ねたり、
皮製品の工房で素敵な財布を買ったり。。


さらに迷路のような路地を歩いていると、面白そうな店を発見!!



中をのぞくと・・・



地球儀やら羅針盤にたいな古いもの。。
まあ、何だかわからないものがイッパイ!!

けど、オモシロそ〜 ^^v



家で犬と留守番している息子に、この店でお土産を買ってあげます。

アンティーク調の日時計など、小物雑貨を息子や友人向けのお土産に
いくつか買いこみました。

買ったお土産は、お姉さんがカッコよく仕上げてくれます。



何かこれ、どこかで見たことがあるような・・・。

これ、封蝋印といって昔からヨーロッパで手紙の封書などを封印
するために使われているもの。

あー、高級なお酒の瓶についてたりするやつだ。
どーりで見たことあるはず。。



赤い封蝋をたらして、封蝋印(シーリングスタンプ)でぎゅっと
押すと、できあがり!




見た目にもちょっとヨーロッパ調(いや、ここはヨーロッパなの
で、「調」はいらないか・・)に仕上がりました ^^


お土産に買ったレトロな「日時計」です。


                


さあ! お土産も買ったし、トラステヴェレの街も堪能したし。
ローマでの自由行動、アテンドさんのお陰でとても楽しめました
                          ^^v

そろそろ夕方になってきたので、あんまり長居するとホテルに戻る
のがタイヘンになっちゃうので、再度トラムに乗って旧市街へ。

  

チケット売り場でBIT(€1.5)を買って、トラム乗り場へ。



トラム

中は、結構混んでいます。

こういう場所もスリが多いらしい。「注意してね」とアテンド
さんに念を押されて、「そうだった」と思い出す。。



そして、またナヴォーナ広場まで帰ってきました。



まだ結構人がたくさんいます。

さて、次に向かうは「パンテオン」。

JUGEMテーマ:イタリア旅行

 トラステヴェレ地区を歩く! ローマ自由行動

トラステヴェレ

こんな感じの街です ^^
 



でっかい建物と広い道路のローマの中心地とはちょっと違って、
「古い町並み」と「細い路地」が迷路のように入り組んでいて
とても趣のある雰囲気を醸し出してます。


トラステヴィレはローマの下町的な地区で、誰でも気軽に入れる
安〜いトラットリアも多く、ピッツァやパスタ 半額でない!? 
というような値段が書かれているメニューも見かけます。


雑貨屋さんもいっぱいありますので、イタリアならではの小物や
ちょっとしたお土産を買うのにもよいところだと思います。


路地端には、こんなレトロなトラックが停まってたりして。。
(あ、飾ってあるだけで、たぶん実際に走らないと思います)




路地をくねくねと歩いていくと、最初の目的地へ着きました。

サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂



ローマで一番古い教会だそうです。

いかにも古そうな佇まい。装飾も派手ではないです。




イタリアの教会(聖堂)の前には、必ずと言っていいほど広場が
あって、街の人々の憩いの場になっているんですね。


ここ、サンタ・マリア・イン・トラステヴェレ聖堂の前にも広場
(それほど広くはないけれども ^^;)と噴水があって、楽器を
演奏している人や、ただのんびりしている人達がたくさん集まって
います。


日本人はゼロで、地元のローマの人達が多いようですね。



聖堂の中は、やはり古さを感じます。
詳しいことはわかりませんが、きっと価値のある聖堂なんでしょう^^;



ともかく、ローマで1番古く建てられた教会。

広場を含めて周囲に人は多いのですが、なぜか静かで心も落ち着く
ような。。

サンピエトロやミラノ、フィレンツェの大聖堂もスゴイですが、
こちらの方がボク的には本当の「教会」って感じがします。


ぜひトラステヴェレに来た際は寄ってみて下さい ^^



次に、せっかくトラステヴェレにきたのだから、雑貨屋さんで
お土産を買おうということになり、路地をあっちこっちと歩いて
回りました。


チラッと横をみると、店の奥にコワそーな顔で、通り行く人を
睨みつけているオジサンが。。(写真ボケててズミマセン)



この時点で(オジサンの顔を見ただけで)この店に入る気は
全くなかったのですが、バッグや靴、そして沢山の皮製品が
並んでいます。


実は、今回のイタリアで娘は「皮財布」が欲しかったらしいのです。
そして、皮製品といえば「フィレンツェ!!」が有名。


ところが、フィレンツェで目当ての店が見つからずに諦めかけてた
ところだったので、このちょっと面白そうなお店に興味深々。。


でも、中にはコワそーなおっさん ^^;


「とりあえず入ってみる・・?」 


おそるおそる店の中へ。


店主と思われる初老の方、相変わらずムスッとした表情で、
カウンターに両方の肘をついてこちらを睨んでいる。。


あまりオジサンを見ないようにしながら、皮財布をみていると・・


「こっちにもあるよ」と、カウンター横のガラスケースの中を
指さしているじゃありませんか!!


あまり近づきたくはなかったのですが、せっかくなので、お言葉に
甘えてガラスケースの中の財布を見せてもらうことにしました。


「これ、新作の財布 半額でイイよ」


たくさん並んでいる皮財布の中から、とても気に入ったものが
あったので、即決で購入しました^^


 

よくよく聞いたら、このお店の裏に工房があって、裏の工房で
作っているものを直接お店で売っているんだって。

そして、この財布のお値段は日本円で4500円くらい。。

ちょー安い!!

フィレンツェで買ったら、ン万円でしょ・・。



お得な買い物ができました〜


そして・・・、

コワそ―な顔の店主。実はとても人の良い、優しい人でした^^;

店を出る時には、ニッコリと笑い、手を振ってお見送りまでして
くれました。

人は見かけで判断しちゃダメですよ〜




次に、日本の家で一人(&犬と)留守番をしている息子にお土産を
買って行ってあげよーと思い、何かいい雑貨屋さんないかな〜と
迷路のような路地をウロついていると・・・


面白そうな店を発見!!!



・・・つづく

JUGEMテーマ:イタリア旅行

 ローマ自由行動 ランチ!


トラステヴェレで「ローマ旬の味」を食べてまいりました〜 ^^v


ローマでの自由行動。午前中はカンポディフィオーリの朝市を体験
&買い物した後、トラムに乗ってトラステヴェレ地区にやってきま
した ^^





トラステヴェレはテヴェレ川の向こう側という意味らしいです。


ここはローマの下町的な街として、迷路のような石畳の路地や、古い
カトリックの教会、広場など見どころが盛りだくさんなだけではなく、
ピッツェリアやトラットリア、バールといったローマ庶民に愛される
グルメも楽しめる地区なのでありマス ^^v





トラステヴェレ地区には日本人観光客が少なく、ローマっ子の生活を
満喫できそうな場所がたくさんあるそうなので、今回ローマでの自由
行動日には、ぜひ来たかったところ。。


まずは、朝市ですすめられまくる試食品の数々を泣く泣くお断りして
までペコペコにしたお腹を満たすため・・・


いざ! リストランテへ!!


今回アテンドさんに連れて行ってもらったのは、観光客を相手とした
お店ではなく、地元の常連客がこよなく愛するリストランテ。





中はこじんまりと、テーブル席が6、7席だけの小さなお店。
でも、ローマの味を守り続ける老舗だそうです。


せっかく冬にローマにきたので、旬の食べ物、そしてローマでしか
食べられないものを食べてみたいとお願いしました^^v


それではと選んでくれたのは、カンポディフィオーリの市場でみた
変な形の野菜(?)アーティーチョーク、そして、本当にこの時期
にローマでしか食べられない、幻のローマ野菜「プンタレッレ」、
あとは本場のカルボナーラちゃんです!!


アーティーチョーク
アーティチョーク

見た目は「皮をむいたナス」? のようで、あまり美味しそうには
みえなかったのですが、しっかり時間と手間暇をかけて下ごしらえ
されたアーティーチョークの味は絶品でした ^^v

オイシイ!

どんな味かときかれても、何せ初めて食べた味。。。
説明のしようがない ^^;


次に出てきたのが、この時期にローマでしか食べられないという
プンタレッレ。

プンタレッレ
プンタレッレ

この時期にローマでしか食べることのできないので、「幻の食材」
とも言われているみたいです。

タンポポの一種らしいのですが、シャキシャキの触感にアンチョビが
マッチして、これも絶品!!

これが食べられたのはラッキーですね♪


ナスのチーズ焼き


チーズも一味違います。
ナス、おいしーです ^^


ナスとズッキーニのグリル
ナスのチーズ焼き

見た目はイマイチ。。

でも、焼いたズッキーニとナスをモッツァレラチーズとオリーブ
オイルだけでシンプルに食べる料理はバツグンに美味しい♪


ここまでで、十分お腹は満たされてきたのですが・・、


カルボナーラ
カルボナーラ

ベーコンと卵、ペコリーノ・ロマーノ(チーズ)、そしてコショウ
だけで作る本場のカルボナーラ!

ローマのカルボナーラは、クリームとかミルクは一切使わないそうです。
あくまで主役はパスタとペコリーノチーズ。

ペコリーノ・ロマーノはローマ近郊で羊からつくられるチーズ。
独特の風味と強めの塩気が特徴とのこと。。

チーズだけで十分塩味がでるので、カルボナーラには塩は入れません。


今まで羊とか山羊のチーズはちょっと苦手だったのですが、イヤイヤ
美味しい♪

思わずペコリーノ・ロマーノチーズを買ってきてしまったほどです^^v
日本で食べるカルボナーラとは全く違う本場の味でした!



トマトクリームソースのパスタ
トマトパスタ

平麺パスタにクリームトマトソースが合います!


4人でペロッと平らげ、お腹も舌も大満足。
値段も手頃で、本当のローマ料理を味わえました ^^v

連れて行ってくれたガイドさんに感謝です。


ペコペコだったお腹もいっぱいになったので、これから
トラステヴェレを歩き回ろうと思います!!

JUGEMテーマ:美味しいイタリアン♪
JUGEMテーマ:イタリア旅行

 ローマ カンポ・ディ・フィオーリの朝市 & ナヴォーナ広場


カンポ・デ・フィオーリ広場の朝市


ローマでの自由行動。現地在住のガイドさんにまず連れて行って
もらった場所は、ローマの朝市です。

カンポデフィオーリ広場


本当はテスタッチョ地区にある「ポルタ・ポルテーゼ」でやっている
蚤の市に行きたいと思っていたのですが、ここは日曜日しかやってい
ないそう。(残念!)


そこで、ローマの朝市やっているところへ連れてってと頼むと、「カン
ポ・ディ・フィオーリの朝市
がいいんじゃない?」というガイドさんの
提案で即決!


ローマの人々が集まる朝市の雰囲気を味わえるし、イタリアで買って帰
りたかったワインやオリーブオイル、その他頼まれているお土産も仕入
れられる ^^v


カンポ・ディ・フィオーリ広場の近くで(飛ばし屋)タクシーを停めても
らい、朝市会場に向かって歩いていきます。




だんだん賑やかになってきました ^^

まず目についたのは、色とりどりの野菜やフルーツ!!

カンポデフィオーリ広場

日本からの観光客らしき人は全く見かけません。。

こんな場所、観光ツアーには入ってないから当たり前か・・ ^^;



みたこともない野菜(?)もたくさんあります。


ん、「ろまねすき・・・??」


アーティーチョーク

不思議そうな顔をしていると、ガイドさんが・・、


あー! それは「アーティーチョークね ^^」

(う〜ん。。 聞いたことあるような、ないような?)


日本名は「チョウセンアザミ」というらしいです。。


こちらでは、この季節が旬の食べ物で、「下ごしらえにちょっと
手間がかかるけど、すっごく美味しーわよ♪」だそうです。


確かに食べられるようになるまでには、かなりの労働が伴いそう。。
というか、色といい、見た目も、あまり食べたいとは思えない。。


だって「アザミ」でしょ ^^;


カンポデフィオーリ広場


他にも色とりどりのパスタ!

これもあんまり食べたくないかも・・ ^^;




どんどん中に入って行くと、トリュフの瓶詰めがずらーり。

ここで、試食攻撃に合う ^^;


もう、次から次へと「食え」と、トリュフやら、食べたこともない
キノコ? などをクラッカーの上にのせて持ってくる!


ワインも赤・白・ロゼ。。 


これも「飲んでみろ!」と・・。





結構、酔っぱらってしまい、そして、お腹もいっぱいになってきた。。
                           ^^;

ちょっと横を見ると、ドライフルーツが山盛り!

パインやキウイ、バナナ、パイナップル、葡萄・・・

見たことのないものまで、もう何でもドライになっちゃってる ^^




実は「乾燥いちぢく」を土産に頼まれてたんです ^^;
ここで発見出来てラッキー♪



ローマでは、乾燥イチヂクはクルミと一緒に食べるそうです。
んで、モチロン試食 ^^v

イチヂクとクルミを一緒に口の中に入れてみると・・・

うん! オイシイ!!





お土産だけじゃなく、自宅用にも大量に買い込みました ^^
乾燥いちぢくは高いけれども、日本でかうよりはずっと安い♪


そして、次に向かったのはワイン&オリーブオイル&レモンの
お酒コーナー!





ここでもどんどん試飲をすすめられて、次々にワインを飲み干す ^^;

んでもって、どのワインもめちゃオイシイ!!




イタリアワインの赤と白を1本ずつ、そしてリモンチェッロを購入!



ワイン、どれを買っても美味しいです♪

今回は10ユーロ(1400円くらい)ちょっとのものを2本買って
きました。(このあと、持って歩くのがタイヘンだった ^^;)




レモンのお酒 リモンチェッロ。


綺麗なレモン色のお酒です。食前酒や食後酒としてちょっと飲むと
イタリアンな気分に浸れちゃいます ^^


イタリアで買ったものは甘すぎず、レモンの香りがとってもイイ♪
おいしいお酒です。


オリーブオイルも買いたいと思ったのですが、全部で4本の重たい
瓶を持ったまま1日歩きまわるのか? 


とここで気づき、オリーブオイルだけは帰り道にスーパーで買うこと
にしました ^^;


その他にも、パスタで大活躍しそうなミックススパイスを大量買い。




このミックススパイス。 

お土産にしてもイイし、実際に帰国してからもパスタ料理をはじめと
したイタリアンで大活躍してくれてます ^^v


10ユーロくらいする空港で買うよりも、朝市で買うとお得(3個買
うと3ユーロ/1個)です♪


朝市での買い物では、ぜ〜んぶ ガイドさんが通訳してくれます。
ガイドさんがいなかったら、値段交渉もできないし、お店の人が何を
いっているのかもチンプンカンプン ^^ 

そもそも、ここで買う気にならなかったかも・・。


ということで、ようやくスカッと晴れたローマでの2日目がスタート
まずは「カンポ・ディ・フィオーリの朝市」を目一杯堪能しました!!


(Piazza Campo de Fiori のメルカートは日曜以外の毎日 AM開催)



その後、歩いて「ナヴォーナ広場へ!」向かいます。


あ、向かうって程の距離じゃないけれど、重た〜い荷物を持っている
ボクにとっては、歩くのけっこうツライ・・。



Piazza Navona ナヴォーナ広場!

このあたりは、ローマ旧市街の中心。ナヴォーナ広場はローマ時代に
競技場としてつくられた場所だそう。。


大きな長方形の広場の真ん中にはオベリスクが立っていて、噴水も
3つあります(ムーア人の噴水、4大河の噴水、ネプチューンの噴水)


観光客が多く、広場の中には大道芸人や絵描きさんもいっぱい。
周りはオープンカフェ!! 


きれいな広場ですね〜。 メッチャ天気もイイし!!



ネプチューンの噴水(たぶん^^;)と、オベリスク




広場の周りにはカフェがずらっと並んでます。
こんなところでのんびりエスプレッソを飲むのもイイですね ♪




ローマの広場では「水飲み場」をよく見かけます。


水が出ている蛇口の先を指で押さえると、途中にある小さな穴から
上に向かってちょうど飲みやすいような角度で水が飛び出してきます。


普通に飲める水なので、通りすがりに何人も水を飲んでました。
もちろんボクも飲んできました ^^v


ということで、真っ青な空で気持ちのイイ「ナヴォーナ広場」の
真ん中を突っ切って・・


次はローマの路面電車「トラム」に乗ってトラステヴェレ地区って
ところへ移動します ^^v

 
JUGEMテーマ:イタリア旅行

 ドタバタ! ローマでの終日自由行動


いよいよイタリア旅行の最終日の朝となりました!
ローマでの終日自由行動です。

カンポデフィオーリ広場

今回のツアーで一緒の方々は、オプショナルツアーでナポリ・
ポンペイツアーに行く方、そして個人的にローマを散策する方、
ちょっと足を伸ばしてオルヴィエートへ行ってくるという家族
が次々に朝早くホテルを出発していきます。


僕達家族はというと、旅行前に頼んでおいたローマ1日アテンド
のガイドさんが10:00に迎えに来てくれるのをホテルのロビ
ーで待ちます。


ところがっ!!


約束の時間になっても、ガイドさんが迎えに来ない。。


どうしちゃったんだ!? 


このままでは、楽しみにしていた最後の1日をホテルのロビーで
ダラダラと過ごすしかないのか!?

な〜んて心配していたら、ガイドさんからホテルのロビーへ連絡
がありました。 聞くと、今違うホテルの前にいるとのこと。。


実は今回ローマで泊まったホテル。
つい数日前に名前が変わったらしいのです。こっちでは、よくある
事のようで、ホテルのオーナーが代わることも当たり前みたい。。


なので、ガイドさんは同じ名前の違う場所にあるホテルで待ってた
らしい。 けれども、僕たちが一向に現れないので「もしや!」と
調べてみたら、そんなことだったらしいです。


ともかく、ガイドさんと連絡がついて「ホッと一安心」。。


ちょっとしたハプニングは海外旅行にはつきものなので、まあ、これ
くらいの事いなら、いい思い出になるでしょう^^v


それから20分くらいすると、ガイドさんを乗せたタクシーが僕達の
待つホテル前に到着!!


挨拶もそこそこに、そのままタクシーでローマ市内へ向かいます。


初めてのイタリアのタクシー。


これがまた、噂に違わぬドライビングテクニックで、ローマの曲がり
くねった細い道を「F1レーサー」よろしく猛スピードで疾走して
いきます。 


ちらっとスピードメーターをみると、なんと「100km/h」を
軽く超えていた気がしたので、それ以上は見ない事に・・ ^^;




そんなんで、昨夜カンツォーネディナーからホテルまで30分以上も
かかった道のりを10分もかからずに戻ったのでした。。


そして、まずはカンポ・ディ・フィオーレの朝市を体験&買い物する
予定です ^^v

JUGEMテーマ:イタリア旅行

 ローマΑ.ンツォーネを聴きながら・・


ローマ1日目の最後は「カンツォーネ」を聴きながらの夕食 ^^

(イタリア語で夕食は「cena :チェーナ」って言うそうです)

カンツォーネ

歌い手が食事をしているお客さんの席の周りを移動しながら
カンツォーネを聴かせてくれます。

イタリアツアーに含まれているカンツォーネディナー。。

しかも格安ツアーだったので、正直あまり期待はしてませんでしたが、
結構楽しく過ごせました ^^v

カンツォーネ カンツォーネ

特にアコーディオンのお兄ちゃん!

陽気でオシャレなイタリアン。

しかもカッコイイ!

カンツォーネ カンツォーネ

カンツォーネの歌い手は噂で聞くような「質の低い歌手」ではなく、
とっても上手でした♪

もちろん、オペラ歌手のようなスゴイ人ってわけじゃないですが、
ちゃんと聴けるカンツォーネです。

あとはアコーディオンの彼が盛り上げてくれましたで・・・^^v


そして、食事はというと・・・

「まあまあ」ですかね ^^;


ハムとサラミの盛り合わせ。

生ハムはもちろんですが、サラミなんかもイタリアで食べたものは
すごくオイシイです。


お肉とパスタ。 これはビミョーです。
もちろんマズイって訳じゃないですが、お味は普通な感じ。

 

ドルチェ
味はすごく美味しいのですが、盛り付けは「雑」です ^^;
量も日本人には多すぎかもしれません。。




ともかく、大忙しだったローマ1日目の締めくくりに、ゆったりと
カンツォーネを楽しみながらの食事は良かったです。

カンツォーネ

ワインも飲み放題だったし♪

JUGEMテーマ:美味しいイタリアン♪

 ローマァ.好撻ぅ鶻段


スペイン広場とスペイン階段

ローマの休日の1シーン。 アン王女が面白いオッチャンのいる美容室で
髪の毛をバッサリ切った後にスペイン階段でジェラートを食べるシーンで
有名な・・・

スペイン階段です ^^



スペイン広場まではトレビの泉から600mくらいの距離にあります
ので歩いて行きます。


添乗員さんの後をついていったので、どこをどのように歩いて行った
のかは憶えていませんが、スペイン広場までは割りとすぐに着きました
                            ^^v


ここスペイン広場に着いたころには、すでに夕暮れも迫ってきていて、
空もだいぶ薄暗くなってきています。


あれっ?


ここには「船の噴水(Fontana della Barcaccia バルカッチャの噴水)」
があるはずなのですが・・


あーーー!!!


今度はここがブルーシートに覆われてる!!


と、船の形の噴水が見れなかったのはちょっと残念ではありましたが、
スペイン階段はちゃんとあるし、登れるからまあイイか!


ここスペイン広場の名前の由来は、単にスペイン大使館がある前の広場
だからだそうです ^^




そして、スペイン階段もスペイン広場に面してある階段だから。。^^


単純すぎますが、これがイタリアなんでしょう・・・ ^^;


本当はスペイン階段にもちゃんとした名前があって、「Scalinata di
Trinità dei Monti(スカリナータ・ディ・トリニタ・デイ・モンティ)」
というそうです。




1725年にフランス外交官の寄付で作られた階段なので、フランス
階段の方が・・という声もあるそうです。^^


ともかく、このスペイン階段は映画ローマの休日の一コマに出てくる
ちょ〜有名なシーンのおかげで世界中の多くの人に知られている階段
ですね。


あ、つまり混んでる ^^;
 




そういえば、さかのぼること20年。。


ローマの休日よろしくここでジェラートを食べたんです。

 
今はスペイン階段での飲食が禁じられているので、階段でジェラート
なんて食べてはいけませんが、その頃は全然OKでした。


そして、スペイン広場あたりには屋台のジェラート屋さんが出ていた
んです。


もちろん、そこでカミさんと2人でジェラートを買って食べたのですが、
その時の思い出がずっと今でも忘れられません。。


屋台のお兄ちゃんに、ジェラートを2つ頼むと、当然レディファースト。
先にカミさんの分を作るのは全然イイのですが、ジェラートの盛り方と
いうか大きさがあからさまに違うんです! 


ボクの手に渡されたジェラートはカミさんの持つジェラートの半分以下。。
見た目にも倍以上の差がついています。


この国の男って・・・ ^^;


今回のイタリア旅行では、この時のような「いい加減」というか、陽気で
適当なイタリアらしさを一度も感じませんでした。


たまたまなのか、イタリア人が変わってきたのか・・。
後者であれば、ちょっと残念な気がします。


さて、このあとはスペイン階段を上って、上からの景色を眺めることに
しました。というか、そこが集合場所なので、イヤでも階段を上らなく
てはなりません。。^^


階段の上には、トリニタ・デイ・モンティ教会(Trinità dei Monti )、
そして教会の前にはオベリスクが立っています。


そこを目指して135段。





階段の頂上から後ろを振り返ると・・・



眼下には広場の前から延びるコンドッティ通り(Via Condotti)が。。
そして天気のいい昼間にはその先にサン・ピエトロ大聖堂のクーポラが
見えるそうですが、この日はすでに薄暗くなっていたのでサンピエトロ
のクーポラは残念ながら拝めませんでした。。


晴れていると・・・



JUGEMテーマ:イタリア旅行


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

JTBでイタリアへGO!

イタリア旅行に役立つ!

イタリアでスマホを使う!

selected entries

categories

archives

recent comment

  • イタリア ワイン めちゃウマ
    拡散文書
  • イタリアで充電するには? 電源 コンセント 変圧器 
    管理人
  • イタリアで充電するには? 電源 コンセント 変圧器 
    ネネのおっかあ
  • パンテオンからホテルへ!
    管理者
  • パンテオンからホテルへ!
    y

links

profile

書いた記事数:51 最後に更新した日:2016/01/04

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM